1. HOME
  2. 大洲 鉄然

イメージ

大洲 鉄然(おおず てつねん)

  • 軍事

西本願寺の改革に尽力

生年
1834
没年
1902
誕生市町
周防大島町
大島郡の覚法寺に生まれた。14歳で大田稲香の門下となり、翌年からは時習館で月性に学んだ。郡内に壮士を募り、真武隊を結成。僧侶で護国団等も組織。四境の役では、法衣を脱いで陣頭指揮し、大島の苦戦の情報を山口政事堂に知らせた。明治になり、島地黙雷らと共に本山改革に努め、本願寺参政になり、そのうち執行委員長に進んだ。久賀築港にも尽力した傑僧。

直前のページに戻る